ボルボを中心とした輸入車 メンテナンス屋のブログ

ボルボを中心とした、 輸入車のメンテナンス、カスタムを日々公開中!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

問い合わせ

ボルボ、輸入車の件で、沢山のお問い合わせありがとうございます。

お客様の中に、何度かメールをお送りさせて頂いているのですが、

こちらから送信が出来ないお客様のアドレスがあるため、

誠に恐れ入りますが、下記アドレスまでご連絡いただけると幸いです。

お手数お掛けいたしますが、宜しくお願い致します。


TRAYグループ  代表 田島裕介
本部事務所   〒495-0012 愛知県稲沢市祖父江町本甲宮前78-1
店舗、整備工場 〒494-0002 愛知県一宮市篭屋5-2-39
TEL    0587-81-7613   FAX    0587-81-7631
mobile  090-6805-3734  Email  tttyyy0119@gmail.com

私は、一日の大半は店舗、整備工場におりますので、携帯にでもご連絡いただけると幸いです。
スポンサーサイト
  1. 2011/12/08(木) 14:04:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:1

ひとりごと

さっきブログをアップしたばっかりですが、

どうしても今の気持ちのまま今の心境を残したいのでブログします。

ボルボ豆知識は前のブログになりますので、是非ご覧くださいね。




さて、、

さっき僕が始めて車を販売したお客様と電話で話していました。

そのときのことです。

本当に久々にはなしたので、話したいことばかりで、、結局僕の悩みを聞いてもらうことに。

自分でやり始めてから、早いものでもう年末です。

このお客様も、浜松で広告代理店を経営している方で、自分の起業当時の話も沢山聞かせて頂きました。

自分を振り返っても内容の濃い出来事ばかりで自分の人生の肥やしになる事ばかりです。

そして、改めて想うこと。

これは、僕自身、ずっと大事にしてきたことでもありますが、

どれだけ自分の周りの環境、人、業者さんを大切にするかです。

丁度、この方と電話するまえにもフェイスブックにも書きこみしましたが、



全く同じことを改めてかんじているところだったので、

また同じ内容を話していることに驚きました。。


本当に大切だということですね。


あたりまえのことですが、これからもしっかりとあたりまえの事をあたりまえに行う、

そして周りへの配慮と感謝を忘れずに頑張っていきます。

パワーがみなぎって更に奥のスイッチが今入りました!!

野中さん、本当にありがとうございます

実名だしちゃいました<汗>
  1. 2011/11/22(火) 22:38:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ワーゲンビートル 納車

  1. 2011/11/20(日) 15:06:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベントレー

この車は、、整備するのにも一苦労だそうです。。

べんと



エンジンルームには全く隙間がなく。

ben



6000CCのツインターボってどんだけ早いんやろう


ん〜乗ってみたい

べん


  1. 2011/11/19(土) 19:14:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ボルボ ヒーターコア 交換

本日は、ボルボヒーターコアの交換です!!

855


まずはLLC<冷却水>をエンジンからぬきます。。

8552

全部ぬけたら、いざヒーターコアの交換へ!

ヒーターコアは室内についていますので、故障してしまうと室内に冷却水が入ってきてしまうこともあるので要注意。

故障の前兆は、室内がやけに曇る、エアコンの吹き出し口からものすごい煙が!、室内がくさい<頭が痛くなるような

甘いにおい>などがあります。

いずれにしても、LLC<冷却水>は発がん性物質が含まれているため人体にもよくはありません。

お気づきの点があれば早急な点検をオススメします。


と、作業に戻りまして。。

助手席側からヒーターコアを外していきます。

8553


ヒーターコアは、オーディオの真裏についていますので、

まずは、助手席のフロアカーペットをめくります。

8555

オーディオの助手席側のサイドのカーペットもめくると、黒いカバーが見えてきますので、
これも取り外します。

8556

おっと、見えてきました。

目の前にシルバーのボックス<アンプ>がありますのでまずはこれを外します。

8557

やっと、全部みえました。

そしてこのパイプを取り外します。

8558

そして、本体も外し、新品を取り付けていきます。

ここで注意しなくてはいけないのが、無理やり押し込んだりしてしまうと、

ヒーターコアの新品が破損してしまうのでここも要注意!

取付も取り外しもかなり狭い場所での作業になるため、なかなか困難です。

8559


新品と、不良品は、全然違います。

あとは組み込んで、LLCを入れて作業完了です

完了後も、エンジンをかけた状態で暖房をMAXにかけテストになります。

テスト後、もれも匂いもなくなりましたので、全て完了です!!

寒くなると、ヒーターコアが機能する率が上がりますので、
この季節が一番壊れる確立が高い箇所になります。

新品価格は部品代金で50,000円弱とかなり高額な部品になります。。

ですが、、当店では、ヨーロッパ、アメリカの世界各国の部品メーカーさん、製造工場さんと取引があるので、

お客様価格で、23,000円にてご案内しております。<業者販売もしております>


詳しくは下記アドレスまでお気軽にご相談くださいね

tttyyy0119@gmail.com

販売部品  http://page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d121287194



TRAY 田島 

  1. 2011/11/16(水) 19:02:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。