ボルボを中心とした輸入車 メンテナンス屋のブログ

ボルボを中心とした、 輸入車のメンテナンス、カスタムを日々公開中!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

春日井市 Y様 ベンツCクラス  W203  車検整備

久々のブログ更新です。汗

もっと更新するように頑張っていきますので宜しくお願い致します!


本日は春日井市Y様のベンツCクラスの車検整備のご紹介です。

Y様はボルボの850Rも所有しており、ボルボも車検整備もさせて頂きました。
<Y様ボルボの車検整備はブログでも紹介しております!!>

ベンツのCクラスは比較的丈夫な車両ではありますが、
その中で、良くある修理はオイル漏れ、エアコン不調であります。

今回整備させて頂きましたY様の車両はH15年式になりますが、まだ27000キロしか走っていない
かなり状態の良い車両になります。

車検見積でもそこまで不良箇所もなく、下記の作業を主に整備させていただきました(^_^.)

●オイル交換

ベンツ1


●ワコーズクーラントブースター注入

ベンツCB


●ATオイル漏れ修理

ベンツ At

ATオイル漏れは主にこのATコンピュータと接続されている丸黒いカプラーからでした。
ただ気をつけなければならないのは、このATカプラーのAT側はコンピューター基盤と繋がっているため、
基盤が破損している場合があることです。<基盤修理の場合はだいぶ高額です。。>

慎重に取り外しを行うと基盤は不良がなかったため一安心です。
ATオイルパンはあまり外すことはないので、今回は中のフィルター、ATオイル、その他付属パーツを調整、交換をさせていただきました。
画像は交換後の画像で非常に綺麗になっています(^^)v



スポンサーサイト
  1. 2012/03/03(土) 17:17:31|
  2. ベンツ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:1

問い合わせ

ボルボ、輸入車の件で、沢山のお問い合わせありがとうございます。

お客様の中に、何度かメールをお送りさせて頂いているのですが、

こちらから送信が出来ないお客様のアドレスがあるため、

誠に恐れ入りますが、下記アドレスまでご連絡いただけると幸いです。

お手数お掛けいたしますが、宜しくお願い致します。


TRAYグループ  代表 田島裕介
本部事務所   〒495-0012 愛知県稲沢市祖父江町本甲宮前78-1
店舗、整備工場 〒494-0002 愛知県一宮市篭屋5-2-39
TEL    0587-81-7613   FAX    0587-81-7631
mobile  090-6805-3734  Email  tttyyy0119@gmail.com

私は、一日の大半は店舗、整備工場におりますので、携帯にでもご連絡いただけると幸いです。
  1. 2011/12/08(木) 14:04:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:1

ひとりごと

さっきブログをアップしたばっかりですが、

どうしても今の気持ちのまま今の心境を残したいのでブログします。

ボルボ豆知識は前のブログになりますので、是非ご覧くださいね。




さて、、

さっき僕が始めて車を販売したお客様と電話で話していました。

そのときのことです。

本当に久々にはなしたので、話したいことばかりで、、結局僕の悩みを聞いてもらうことに。

自分でやり始めてから、早いものでもう年末です。

このお客様も、浜松で広告代理店を経営している方で、自分の起業当時の話も沢山聞かせて頂きました。

自分を振り返っても内容の濃い出来事ばかりで自分の人生の肥やしになる事ばかりです。

そして、改めて想うこと。

これは、僕自身、ずっと大事にしてきたことでもありますが、

どれだけ自分の周りの環境、人、業者さんを大切にするかです。

丁度、この方と電話するまえにもフェイスブックにも書きこみしましたが、



全く同じことを改めてかんじているところだったので、

また同じ内容を話していることに驚きました。。


本当に大切だということですね。


あたりまえのことですが、これからもしっかりとあたりまえの事をあたりまえに行う、

そして周りへの配慮と感謝を忘れずに頑張っていきます。

パワーがみなぎって更に奥のスイッチが今入りました!!

野中さん、本当にありがとうございます

実名だしちゃいました<汗>
  1. 2011/11/22(火) 22:38:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ボルボ XC90 T6

今日は、ボルボXC90の豆知識を紹介~


クイックで故障診断が入ったので、写真を撮るのを忘れてしまいましたが。。

本題です。

ボルボXC90  T6

エンジンチェックランプ点灯での入庫です。


早速、専用テスターで調べてみたところ、、

TCM<トランスミッション>の故障コードがわんさか入っています。

どうしても消えない故障コードは入っているので、追求診断をしたところ、

ミッション本体の不良が発覚。

ボルボXC90のT6は、2.5T等とは違い、かなり内部の部品が違います。

従って、ミッションもT6だけGM製のミッションのため、リビルト品の価格でも目玉が飛び出るほどの価格です。。。

ディーラーさんでは100万円近くかかるといわれたとのこと。

実際それぐらい費用はかかります。

私の工場でやらせていただいても、車両状況によりきりですが、60万円~70万円はかかります。


今、中古車市場でXC90がかなりお値打ちな価格で出回り始めています。

これからご購入いただく方に、注意していただきたいです。

2004年式前後のT6は、はっきり言いましてかなり故障が多い車です。

2.5T等はそんなことありません。

グレードによって壊れやすい、壊れにくいが本当にあります。

私が、これを断言できる理由は元々ボルボのディーラーで長年メカニック<整備>をしていたからです。


T6にお乗りの方がこのブログを見たら不快な想いをするかと想いますが、申し訳御座いません。

今お乗りの方も、これは事実ですので、

日ごろのメンテナンス、1年点検は絶対に受けてください。


メンテナンスさえ良ければ、予防整備もできますので大きな故障に繋がるリスクを回避できますし、

実際にそちらの方が、お金がかかりません。


輸入車はメンテナンスって本当に重要です。

  1. 2011/11/22(火) 21:10:24|
  2. XC90
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

キャデラック セビル 整備

今日は、キャデラックセビルSTSの整備です

修理内容は、 水漏れ修理。

まずは、水漏れ診断からです。

セビル

水を入れてエンジンをかけながらみていると、

s

原因がありました!!
セビルにはこの不具合、多いです。
画像 022

ラジエータサブタンクの下側が亀裂が入ってわれています。

sss

タンクをはずすのも、ボルボとは違い若干その他の部品をはずさないと取れません。

sssss

わかりにくいですが、
中心部分にくっきり亀裂が入っています。
幸いにも、早期点検による発見だったため、オーバーヒートはしなかったので良かったです
  1. 2011/11/22(火) 20:43:55|
  2. キャデラック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。